フェイシャルエステで逆効果!?気をつけたい注意点

ストップ看板
フェイシャルエステの注意点をご存知ですか?

キレイになりたくてエステに行ったのに、かえって肌にとって逆効果になってしまう事もあるようです。

それを回避するために、しっかり注意点を知っておきましょう。

ピーリングの場合

肌荒れをおこした女の子
エステで行うピーリングで使用する薬はサロンによって違いますが、天然の成分を主成分とする薬を使っている所が多く、比較的肌には安全です。ですが、すべての人にとって安全とは限りません。

薬剤アレルギー

ピーリングの薬剤の材料である成分にアレルギー反応をおこしてしまう場合もあります。アレルギーの症状としては、赤く、ミミズ腫れのようになってしまうこと。
ですからピーリングを受ける前は必ずパッチテストを受ける事をオススメします。

痛み

ハーブを使ったピーリングは痛みを伴うものもあります。成分には極小の小さなトゲがあり、そのとげが顔に刺さる事で顔に見えない傷が付きます。そのトゲを排出しようして肌が活性化し、新しく美しい肌に生まれ変わる仕組みですが、それによって痛みを感じる場合があります。痛みに関しては施術者に確認し、痛みが心配であれば施術は控えた方が良いかもしれません。

洗顔

ピーリングは使っている薬剤にもよりますが、数日間顔を水にぬらしてはいけないなどの禁止事項があります。顔を水で濡らしてしまうとピーリングの効果が激減してしまうからです。施術後は専用のトナーで顔を拭き過ごします。髪を洗うときはシャンプーハットを使ったり、美容院にお願いするなど何かと気を使う必要があります。

紫外線

ピーリング後は紫外線にも気をつけなければなりません。施術後は肌がとても敏感になっているため、普段よりも紫外線に弱い皮膚になっています。出来るだけ外出しない、外出する場合は紫外線対策をバッチリしましょう。

リンパマッサージ

頭痛がする女の子
リンパマッサージには以下の注意点が有ります。

好転反応

好転反応と聞くと注意点と言うよりも良いイメージですが、知っておかなければ体調不良だと勘違いしてしまうかもしれません。好転反応とは、身体の老廃物が排出されることによって起こる体の不調の事。好転反応として

微熱
吹き出物
体の火照り
頭痛
下痢
めまい

などが挙げられます。好転反応はすべての人に起こるわけではありません。
もしも好転反応が出ても、これらの症状はすぐに落ちつくでしょう。ですが、症状が治まらない、症状が酷い場合はエステサロンに相談するか、病院へ行って医師の診察を受けるようにしましょう。

顔が小さくなると思いきや・・

むくみを改善し、小顔効果のあるリンパマッサージですが、骨格そのものを変えられるわけではないので、むくみをとった事によりもともとの骨格がはっきりでてしまい、気にしていた頬骨が目立ってしまうなどという事が起きてしまうこともあります。自分の元々の骨格をしっかり把握しておきましょう。

毛穴洗浄

毛穴が気になる女の子
エステで行う毛穴洗浄は気持ちが良いですね。毛穴の汚れを除去するだけの施術に注意点はあるのでしょうか?

毛穴の開き

毛穴洗浄をする事でかえって毛穴が開いてしまう場合もあるようです。もちろん毛穴の洗浄後には引き締める生術をするのですが、利用するサロンによってはそのようなトラブルが発生する可能性があります。
もちろん、サロンに関わらず毛穴の洗浄をしすぎて毛穴が開いてしまう事もありますので、適切な頻度はエステサロンの人と相談して、その人に合った間隔を見つけていきましょう。

光フェイシャル

顔が赤くなる女の子
それでは最後に光フェイシャルの注意点を挙げていきましょう。

赤みが出る

光フェイシャルは光の熱のエネルギーによって美肌にしていくものですが、熱が発生する事で、敏感肌の人は赤みが出てしまう可能性も否定はできません。医療レーザーのように強い質力ではないのでヤケドなどの可能性はありませんが、敏感肌の人はあらかじめパッツテストを受ける、施術者に相談する、皮膚科医に光フェイシャルを受けても良いか確認するなどしましょう。

紫外線

光フェイシャル、気をつけて欲しいのが日焼けです。施術直後に日焼けをしてしまうと、かえってシミなどが濃くなってしまう事があります。光フェイシャルはコラーゲン生成を促進しますが、コラーゲンは紫外線に弱いため、紫外線に当たることでコラーゲン促進の効果が激減してしまいます。
外に出る場合は日焼け止め、サングラス、日傘などをさしましょう。

 

どのフェイシャルエステも肌が美しくなるものばかりですが、注意点も存在するので、トラブル回避のためにしっかり頭に入れておきましょう。