エステで改善できる!?フェイシャルエステでもっともシミに効くのはコレ!

帽子を被った女性が空を見上げる

沖縄の紫外線は日本一。

お陰さまでシミの悩みを抱えている人も少なくありませんよね。

一見顔立ちが若そうに見える人でも、シミがあると歳をとっているように感じてしまいませんか?

シミを改善するには自己流のスキンケアでは難しいですよね。

フェイシャルエステにもある「光フェイシャル」はシミをケアする事ができます。

医療レーザーで思いきってシミをとってしまうという方法もありますが、

光フェイシャルのシミケアは、痛みや副作用のリスクが低いことから安心して行えるシミケアだと言えるんですよ。

では、なぜシミはできてしまうのでしょうか。まずはシミが出来るまでの仕組みを知って、ケア方法に行かしていきましょう。

どうしてシミが出来てしまうの?

メラニン色素の仕組み

紫外線

紫外線は体にとって有害なものです。紫外線が肌に当たると、身体が肌を守ろうとしてメラニン色素を分泌します。「日焼け」は体の防御本能のひとつなんですね。
本来、分泌されたメラニン色素は肌のターンオーバーとともに排出されていくものなんです。ですが、ターンオーバーがうまく働かずに乱れたりすると、メラニンが排出されず肌に滞ってしまいます。これがシミの原因となるのです。

シミの原因になるメラニンは以下の事でも活性化してしまいます。

肌への刺激、炎症

ニキビをいじったり、肌の炎症や摩擦が加わることでメラニンが活性化してしまいます。

生活習慣

生活習慣の乱れ「ストレス」「喫煙」「睡眠不足」などもメラニンが活性化してしまう原因です。

肝班

また、シミには「肝班」というものもありますね。肝班は紫外線が原因のものとは違い、ホルモンバランスの乱れからくるものといわれていて、発症は30~40代の女性に多くみられます。頬や目の下に出来やすく、左右対称的で形はぼんやりとしているのが特徴です。肝班の治療に関しては、フェイシャルエステではなく内服薬などで改善していくようです。

参照 そのシミは肝斑(かんぱん)かもしれない。シミに悩む女性のためのかんぱん専門サイト

シミにオススメしたいBBLフォトフェイシャル!

たくさんの蛍光灯

悩めるシミに効果的なフェイシャルエステといえば、光フェイシャルです。光フェイシャルでも、「BBL(ブロードバンドライト)」がとくにオススメ。BBLの効果は通常のフォト(光)フェイシャルの5倍の効果があると言われていて、シミのケアにも効果的です。

BBLの特殊な光を照射すると、肌のターンオーバーを促し、お肌を新しくキレイにしてくれる作用があります。それと同時にその光はシミの原因であるメラニンに反応してシミを薄くしてくれる効果があるのです。

またBBLは通常の光フェイシャルとは違い光の波長が優しく、光の密度が濃いためまんべんなくお肌に光を行き渡らすことができます。

どれくらいで効果があらわれるの?

BBLの光フェイシャルは2週間~1カ月に1度のスパンで行うことができます。シミに対する効果が出てくるのは、個人差はありますが約4~6回の施術です。
逆に1回の施術で効果が出てしまうような施術は、副作用も大きくなってしまうのです。
シミ取りといえばレーザーがありますが、私たち日本人はメラニン色素が多い人種でもあるので「炎症後色素沈着」を起こしやすいということがあります。強いレーザーを当てた事で皮膚が炎症を起こし、色素沈着を起こしてしまうという人も少なくありません。光の質力が優しいBBL光フェイシャルはそのようなリスクはかなり低く、安心してシミケアをする事ができます。

大切な顔ですから、できるだけ安全にシミを改善していきたいですね。

BBL光フェイシャルは安全で、シミの原因に直接アプローチをしながら、新しい肌に生まれ変わらせていきます。